童貞でもアイドルを連れ出せるマンツーマンナンパ講習やってます!

優しすぎる嫌われる理由を心理学的に解説!

優しすぎる嫌われる理由を心理学的に解説!

 

どうも、ナンパ講師ビッグボスです。

今日は優しすぎる男がモテない理由を心理学的に解説します。

 

優しすぎる男がモテない最大の理由

ぶっちゃけいままで女性に

・プレゼントを送りまくったり…
・何でもかんでも荷物を運んだり…
・毎回毎回ご飯を奢ったり…

そんな経験はありますか?

結論から言って、そういう優しすぎる男は罪悪感のせいで嫌われます。

これ、一見とんでもない理論かと思われますが実はきちんと心理学的な根拠があります。

で、あらかじめ言っておきますが

”優しすぎる男は嫌われますが、ある工夫をするだけでたちどころにモテるようになります。”

なので、いまもしあなたが

「優しすぎる男はモテないてマジか…もうクズになるしかねえ…」

と思ってるならそれは勘違いなのでご安心ください。

そんなクズマインドや四流マインドには騙されないでください。

優しいままでもモテますから。

希望は必ずあります。

ではどうすれば優しすぎる男でもモテるのか?

今回はそのモテる工夫を動画で暴露しました。

ご覧ください▼

 

優しすぎる男の欠点

優しいこと自体はモテの要素です。

なぜなら相手にとっての

「得(メリット)」

を与えることができるからです。

しかし、その得を与えると相手は

「なんだか申し訳ないな・・・」

「なんかこんなに無理させちゃって悪いな・・」

という罪悪感を抱きます。

あなたも経験ありますよね?

他の人に自分の尻拭いをしてもらったり、他の人が自分の分の作業をやってくれると

「なんか悪いな…」

と人生で1度は思ったはずです。

そう、この罪悪感こそが優しすぎる男が嫌われる理由なのです。

「え?どういうこと?」

順を追って解説しますね。

まず、この罪悪感により

「何かお返ししなきゃな」

という心理を心理学では返報性の原理と呼んでいます。

スーパーの試食会でこのようにお客様が罪悪感を持つ様子がそれに該当しますね。

(この画像で申し訳ないと思わせてるのがミソ)

他にもジムや塾の体験入会でもらえるグッズやパンフレット、ドモホルンリンクルのお試しセットもこれに該当します。

これらはすべて成約率を高めるために行われてるマーケティングですが、効果は折り紙つきです。(じゃなきゃ企業は試食会もグッズのプレゼントも、お試しセットやりません)

で、ビジネスにおいては上記事実があるように返報性の原理がとてつもなく有効利用されています。

ここで大事なのはビジネスにおいては返報性の原理はうまく有効活用されてるのに、恋愛ではうまく活用されてないということです。

恋愛ではいくら相手にプレゼントしても優しすぎてもなかなか上手くいきません。

この差は一体なんなのか?

答えを言いましょう。

なぜならビジネスにおいては

「お客様が罪悪感を払拭するためのルートが明白だから」

です。

そもそも罪悪感はストレスであり苦痛です。

「おれはいま罪悪感を感じてる!ヤッホー!!」

となれる人はいません。

多くの人が

「申し訳ない」

と感じるくらい罪悪感というのはストレスです。

つまり、居心地が悪くなるのです。

では、このストレスを感じたら人間はどう思うか?

簡単ですね、ストレス解消ならぬ罪悪感の解消を行います。

で、ビジネスの場合、罪悪感の解消方法が明白なんですよね。

スーパーの試食会ならお客様の罪悪感をお客様が「商品を買う」ということで払拭できます。

ジムや塾の体験入会ならお客様の罪悪感を「入会する」ということで払拭できます。

このようにギブした側がきちんとテイクすることで消費者が

「なんかごめんなさい…」

という感情をスッキリさせることができるわけです。

で、実は上記の成功プロセスが理解できれば、優しいしモテる男と優しいけどモテない男の違いがわかるんですよね。

この2つの違いはなにか?

答えは

「女性の罪悪感を払拭できているか」

です。

優しすぎると相手は先ほどの返報性の原理により

「申し訳ない」

と思うわけです。

では、これを放置するとどうなるか?

女性はこう思います。

「この人といるとストレスになる…」
「この人といると居心地が悪い…」

そういう感情を抱き、この男性といるとストレスという名の「損失」を被ると判断されるんですよね。

だから、優しすぎる男はモテないのです。

返報性の原理を使えてるのにとてつもなくもったいない。

これが優しくてもモテない男の実態です。

要するに優しすぎる男は

”ギブばっかりして女性の罪悪感をテイクしてないから非モテなのです。”

一方で優しいしモテる男はこの罪悪感の払拭をしっかりやっています。

どうやってやっているか?

ズバリ…

相手に頼みごと(テイク)をしているのです。

例えば

「この作業やっておくからあれ持ってきてよ」(仕事やサークル活動で頻繁に目撃しますね)

「ここはおれが奢るから次回奢ってくね。」

「前そっちの家まで行ったし、今日はおれの家まで来てよ」

「料理はおれがやるから、皿洗い頼むね!」

「おれこの重たいの持つから、ちょっとこの軽い方持っててくれる?」(全部こちらが持つと相手に罪悪感を抱かせますのでこれが大切)

このようにガンガン相手からテイクすることが大事です。

ギブしたらテイクする…これをするだけで優しくてもモテる男になることができます。

 

まとめ

まとめると、優しいけどモテない人や優しすぎてモテない人は

・ギブしすぎて相手に罪悪感を与えている

・頼むことで罪悪感の払拭(テイク)をすべし

以上を意識しましょう。

長くなりましたがつまりは

”ギブしたら必ずテイクをする”

これをするだけです。

ビジネスと変わりませんね。

ちなみに、テイクするのはなんか悪いイメージがある…という人は多いと思います。

しかし、このように考えるとテイクしなきゃ逆に相手の迷惑になるんですよね。

もしあなたがテイクするのはなんか悪いと感じてるなら、それこそまさに

「相手に罪悪感という迷惑をかけてるのと一緒」

です。

それでいいのでしょうか?

自ら女性に嫌われるような存在になっていいのでしょうか?

そうならないためにも今後は、ギブしたら必ずテイクをしていきましょう!

今日は以上です。

 

PS

ちょっとでも役立ったらTwitterで拡散してください。





--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

どうも、ナンパ講師ビッグボスです。 ナンパ歴2年でTVに出てた元芸能人や慶応卒の美女、エロいOLや爆乳JDなどと関係を持ちました。

でも、こういうと言われるんですよね。 「才能があったからだろ?」 「イケメンだからだろ?」 と。 なわけないです。

ぼくは元々19歳まで女子と話したこともなく、女友達もまったくいませんでした。女子と手をつないだこともありませんでした。

おまけにナンパを始めても9カ月結果出ず。。。 童貞なのにモテテクを自慢げにかたり「モテテクを語る童貞」とも言われました。

そんなぼくでもあきらめず、行動し100万近く、自己投資しまくった結果100人斬りしいまでは元AV女優と結婚できるようになりました!

【マンガ版】そんなぼくの童貞脱出物語

--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

【登録プレゼントあり】LINE@はじめました

---------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

童貞から元芸能人とセッ●スしたブログでは言えないノウハウを公開しています。

3000部購入されたボス式ナンパ教材

------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------

PS TwitterのDMで質問、恋愛相談、ナンパ相談受け付けております!

「このファッションはどうでしょう?」

「来月には童貞卒業します!」

そういった宣言や質問も大歓迎です!!

◆配信を継続するために応援クリックお願いします!◆



にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパマインドカテゴリの最新記事